読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さかむけ

アラサージャニヲタ、負け犬までのカウントダウン。

#ジャニヲタ手帳 を真剣に考える

以前Vクラの方でジャニヲタのための手帳を作られていた方がいた.
諸般の事情で記事も消されてしまったようだが,ジャニヲタの痒い所に手が届く感じが本当に素晴らしかった.自分なりに手帳を色々と工夫してみたが,なかなか形が定まらず試行錯誤を繰り返している.
最近はRollbahnのノートがお気に入りなので,メモ帳を自分なりにカスタムして手帳に.
ほぼ日も大好きなのであるが,ページを埋めたい・埋めないとなーという気持ちが強くなってしまうので今はお休み中.

今はスケジュールをデジタルとアナログで管理しているが,将来的にはデジタル一元管理もいいなと思う.カレンダーアプリも最近はジャニヲタ向けのものがあるので現在利用中.
しかし紙もやはり好きなので,住み分けが難しいのが悩みどころである.

企業が「ジャニヲタ手帳」を作るのであれば,多くのジャニヲタに意見を聞くべきであろう.
ジャニヲタの数だけ「ジャニヲタ理想の手帳」が存在する.

しがないジャニヲタの理想の手帳は,

まぁ正直な話ジャニヲタ全員が満足する手帳なんてありえないので,少なくとも自分がどんなものが使いたいか使いやすいかが基準.
コンサートも舞台も多ステすることが多く,デビュー組中心にJrもチェックする私仕様である.

ここ最近試行錯誤を繰り返しながら作成した「ジャニヲタ手帳」カスタム用のリフィルを載せておく.
今回も既存の手帳にシールとして貼り付けて利用する形を考えている.
シールであれば自分の好きなキャラクターやブランド,形態の手帳をジャニヲタ仕様にカスタムできるのがメリットであろう.
デメリットは「嵩張ってしまう」可能性が高いことだろうか...

公演申込管理用シート

申し込んだ公演を公演ごとに管理するためのシート.
友人同士で申し込みをしていると日程を整理しておく必要がある.今はLINEなどでまとめて共有しているが紙で残すとわざわざLINEで検索したりする手間が省ける・・・かもしれない.
f:id:skmkx:20151118213627j:plain
f:id:skmkx:20151118214345j:plain

公演管理用シート

入った公演を管理するためのシート.
現在はマンスリーページの空いているところに細かい日程をまとめ,1年分の公演は空きページに公演数だけまとめて書いている.
これを1年分日程・座席含めて一纏めにしておくことにしようと思う.
f:id:skmkx:20151118215657j:plain 

雑誌購入管理用シート

以前作ったものを改良しただけの「同じ雑誌買わないようにするため」のシート.
f:id:skmkx:20151118220621j:plain

これをシールに印刷して切って貼るだけというお手軽な方法でカスタムをしている.
数ヶ月使ってみて,また改良をしていきたいものである.

ジャニヲタは手帳に何を書くのか

ジャニーズ 日常 関ジャニ∞

まずは自担や自ユニやらの誕生日

であろう。そして、

  • 入所日
  • 結成日
  • デビュー日
を書き込む。そして、その日が来るたびに

生まれてきてくれてありがとう♡
ジャニーズ事務所に入ってくれてありがとう♡
結成おめでとう♡
デビューおめでとう♡

ジャニーズ続けてきてくれてありがとう。

ジャニヲタは日々様々なことに感謝して生きている。

あとは、、、何を書いていますか?

出演情報、発売情報、参戦スケジュールなんかを書いているのかな?



今年の初めにこんな記事を書いたのだが、もう少し使いやすくしてみようかと、現在改良中である。
色々な方のジャニヲタ手帳のエントリーを読ませて頂き、三者三様十人十色な使い方をされていると思う。そして、やはり「ジャニヲタ手帳」欲しいなーと感じるのだ。

もし「ジャニヲタ手帳」をつくるなら

私は「リフィル」タイプがジャニヲタには合っていると思う。
どんな人を、どんなグループ・ユニットを担当しているかによっても書きたいことは変わる。
CDやDVD・BD、テレビ・ラジオ、雑誌の感想を書いたりしたい時もある。
現場の数や現場の形態も様々なジャニヲタの思い出諸々を一括集約することを考えると、差し替え可能な「リフィル」タイプしかないのではないだろうか。
活動がコンサート・ライブ、舞台、番組収録、イベントなど多岐に渡る場合、それらを「LOFT ワナドゥ手帳」のように細かくジャンルが分かれているものに集約するのは難しい。

とにかく全部をまるごと一冊にまとめて、それ見ながら酒呑みたい。
7月から断酒して彼此4カ月アルコールを摂取していないが、色んな現場の思い出に浸りながら酒を呑んだら美味しそうだと思う。

ジャニヲタとはお金で思い出を買う生き物である

関ジャニ∞のリサイタルは、¥8,100 でエイトとの2時間程のお楽しみタイムを買ったことになる。
手元に形として残るのは「銀テ」と「チケットの半券」「グッズ」位で、あとは「思い出」としてしか残らない。この思い出を糧にまた日々生きていく。
ジャニヲタにとって「思い出」「記憶」は何より大切なもので、それを目に見える形で残すのって面白そうじゃないか。
Twitterやブログとして残すのも変わらないけれど、紙媒体って好きなんだよ何か。

というわけで、結局ジャニヲタは手帳に何を書きたいのだろう?

それぞれ何を残したいかは、おそらく人によってかなり違いがある。

どんな事を書いていますか?
どんな事を書きたいですか?

手帳を使う全てのジャニヲタに聞いてまわりたい。

#理想のジャニヲタ手帳 ってやつを知りたい。

母をジャニヲタ(茶の間)にした話

ジャニーズ 日常 関ジャニ∞ A.B.C-Z Kis-My-Ft2 Jr.

アラサージャニヲタ実家暮らしの私は、毎日何らかのジャニーズ関連の番組やらDVDやら雑誌やらを家で見ている。

7年間の一人暮らしを終えて実家に帰ってからしばらくは、実家でジャニーズについて話したりすることは無かった。なんなら隠していた。しかし、

ジャニヲタだんだん隠せない問題

1年程経つと、家に会報が届いたり、コンサートに行ったり、ゆるっとバレた。
ので、そこからは堂々とジャニヲタとして生活し出した。

「仕分け∞」は家族みんなで元々見ていたし、ジャニーズの一般認知度が高いタレントについては名前も知っていた母。

初めは大人しく関ジャニ∞の番組や映像を見ていたが、しばらくすると「関ジャニ∞飽きた」「面白くない」とイヤイヤをするようになった。挙句の果てに「おっさんじゃん」と還暦のおばさんが言う。

それでも、私が録画した「ありえへん∞世界」「関ジャム完全燃焼」「関ジャニ∞クロニクル」は私より先に見ている。そして「いきなりドッジ」のの大倉を見て以来「大倉はせこい」「大倉はズルい」と大倉を貶しはじめた。貶し愛、、、ではないと思う。

母は関ジャニ∞には食指が動かなかった問題

まぁ趣味や好みの問題であるから仕方がないと思っていた矢先、「キスマイBUSAIKU!?」が放送され録画して見るようになった私。すると「面白そう〜」と言って母も一緒にみることに。そして、どうやらキスマイが気に入ったようで、毎週欠かさず見出した。

私は睡眠時間を絶対確保したいので、キスブサをリアタイすることはないが、(23時に昇格した今でもリアタイしない。起きていても何か他の事をしている。)母はリアタイしていることが多い。
ふと夜中、もしくは朝方に目を覚ますと還暦のおばさんが「やっぱりガヤはスマートね」「北山、チャラい」「玉森普通」「どーせ二階堂か宮田がビリ」「横尾は大丈夫なの?」「千賀ゴリラ」「千賀オネェなの?」「千賀やることねちっこいよ」「千賀ストーカーっぽい」とコメントしながらキスブサを見ている。
娘の大好きな千賀をdisりまくる母。ガヤは常に高評価。(顔も好きらしいので、旅行魂の時にうちわを買ってきてあげたが、「別にいらんけどね」と言いながら玄関の花瓶に挿していた。)
そして朝になると「昨日のキスブサみた?」「千賀の順位知りたい?」と話しかけてくる。

そんな母の最近のキスブサの感想は「最近面白くない」である。そして千賀へのdisは止むことはない。

「OLクラブ」放送時には、録画を毎週みてメモまでとっていた。録画している張本人はたまにまとめて見ているにも関わらず、母は毎週「すごい役に立つよ!」「知ってる?wordには〜」「知ってる?コピー機には〜」「二階堂超バカだよ!」「千賀もバカだよ!」と大体知っていることを報告してくれる。
「ミになる図書館」も母が見ている。舞祭組は出禁なので私はあまり見ていないけれど。

ただキスマイのコンサートには興味がないようで、リビングでDVDを見ていると「つまんないから他のにするか、一人で部屋行って見て」と一刀両断される。キスマイが好きなのか、単純に番組が役立つから好きなのかが怪しい所だが、キスブサは一応楽しみにしている様子。

「UTAGE!」を見ていて、頑張る千賀の姿に号泣する私の横で「二階堂の方が良かったわ〜まぁ好みの問題だろうけど」と言い放っていた。

A.B.C-Zのコンサート見たい問題

コンサートにはあまり興味のない母であったが、A.B.C-ZのDVDを見ていたら「この人達はすごいね!」と珍しく褒め出した。コンサート、舞台、ビデオクリップなど全て見せると、「キスマイよりエビだね!」だそうで、色々見てくれた。ワーホリ旅も「塚ちゃんはえらいね」「塚ちゃんはこんなにがんばってるのに何で皆もっと優しくしないの?」「なんで塚田は寝る前裸になるの?」と基本的に塚ちゃんに目がいったようだ。ただし、残念なことにA.B.C-Zグループとしては「えびちゃんズー」しか冠番組がないため、あまりA.B.C-Zに触れる機会がない。

そして塚田僚一が「バナナハイスクール」(塚田談)、及び「アウトデラックス」によってマツコと社会に見つかってからは、「アウトデラックス」も毎週母がみている。

結局一番面白いのはPLAYZONE問題

2009年からのプレゾンDVDを見ていたら、興味を持ったようで一緒に見た母。「今まであんたが見てたジャニーズの舞台では一番すごいし、面白い」「やっぱりプレゾンが楽しい」とことあるごとに、PZと比較する母。方向性が違うので単純に比較されても困るなと思いつつ、軽く流している。

そしてジュニア界隈へ足を踏みいれた問題

プレゾンのお陰でジュニアへの間口も広がったようで、母は少クラも率先して見るようになった。基本的には私が好きなジュニアから覚えていったが、母がデビュー組は勿論のことジュニアも何十人か覚えたことにいささか驚いた。

ジュニアで一番お気に入りなのがThey武道の林翔太らしく、林が画面にうつるだけで「林でてるよ」「可愛い」「顔がすごい可愛い」を連呼している。

Travis Japanの載っている女性誌を見て、「これが宮近で〜、これが森田で〜、これは仲田で〜、これが吉澤で〜、これが如恵留で〜これが梶山で〜これが阿部でしょ。あとの2人がなかなか覚えられないのよね〜」と、しめちゃんとうみんちゅさんが覚えにくかったようだ。因みにTravis Japanでは「宮近が可愛い」らしい。
少し前にTravis Japanは全員言えるようになり、今はSnow manに挑戦しているが、なかなか覚えないので多分すのに興味がないのだと思う。(シンガポール前の岩本の髪型が気に入ったようで、岩本がでる度にその話をされる。)

岩橋のことを「玄樹」と何故か下の名前で呼んだり、美勇人のことは「森田」だったり、私と全く違うので訳がわからない。

Sixtonesも元々知っているジュニアが多いのですぐ覚えた。樹を見る度に「お兄ちゃんと似てない」と言うのが口癖になっている。北斗は「ガヤっぽくて、きれい」らしい。

と、まぁとにかく一緒にジャニーズの番組を見ていてもあーだこーだ色々言うので面白い。
「ガムシャラ!」を一緒に見て、感想を言いあうことも多い。

ジャニヲタに交わればジャニヲタになるか問題

母がジャニヲタといえるレベルかは微妙だが、一般的な還暦のおばさんにしてはよくジャニーズを知っている方にはなったと思う。
現場に行くのは忙しいし、面倒だからいいらしい。

とりあえず、嫁に行く予定もないアラサー娘の気持ちわ悪い戯言を笑いながら聞いてくれる良い母であることは間違いない。

お金がないっ

日常 ジャニーズ
篠崎一夜原作の金貸しBL小説が「お金がないっ」である。

お金がないっ (リンクスロマンス)

お金がないっ (リンクスロマンス)


因みに「お金がない!」は、織田裕二主演の貧乏男が運やら人脈やら才能を武器にのし上がっていく痛感サクセスストーリーである。

お金がない! DVD-BOX

お金がない! DVD-BOX


更に私が昔大好きだったドラマは玉置浩二主演の「コーチ」である。浅野温子大好きなんだよ。「沙粧妙子」も最高。

まぁ、そんなことは置いておいて。

前回の日記でご心配をして下さった方もいらっしゃって有り難い限りである。

ジャニヲタするために仕事しているようなものだし、体だけは丈夫で、今の仕事も楽しんで働けているので、まぁなんとかなるかなと楽観的に捉えている。

まつエクはいつもとデザイン変えてみて、長さを出した分持ちが心配なところだが、すごく気に入る仕上がりになった。

ジャニワも1公演分発券した。ファミマで発券したのだが、雑誌を見ているとファミラジが。

塚ちゃんの声を聴くと、頑張ろうと思えた。
すごいパワーを持っている。

明日部屋の片付けなんかもして、持って帰ってきた仕事もササッと片付けてしまいたい。

とにかく節約を心がけて、計画的なお金の使い方をしたいものだ。


お金がない!

ジャニーズ 日常

織田裕二演じる貧乏男の痛快サクセスストーリー、それが「お金がない!」である。

お金がない! DVD-BOX

お金がない! DVD-BOX

因みに「お金がないっ」は、篠崎一夜作のBL小説である。

お金がないっ (リンクスロマンス)

お金がないっ (リンクスロマンス)

冗談はさておき、お金がないのである。

給料日は20日なのに、現在貯金残高が危険水域。

なのに今月27日には、クレカの引き落とし15万…

給料を「右から左に作戦 by五郎さん」をしなければならない。入ってきた側から出て行く。

12月にはボーナスが入るはずなので、本当にボーナスと給料頼み。
え?ボーナス貰えるよね?と何故か不安になっているww
給料とボーナスなかったら、カード落ちない。
リボ払いにするかを真剣に夜中考えたが、答えは出ない。というより、リボの手数料を考えたら払ってしまう方がいい気がする。

にも関わらず、今月は結婚式2件と同窓会もある。
現場は一つもないので、それだけが救いであるが…

なんでそんなにお金がないかって、そりゃあ9・10月で現場24も入っているからだよ。
2ヶ月で東京12回、名古屋3回行って、本当に頭が悪い。

ジャニワ申し込みを13万程しているので、10万位は返金で1公演当たればちょうどいいのにな。
返金の緑の封筒が恋しいのは初めて。まぁ、去年は全部緑の封筒で返ってきたのだけれど。

ジャニワ一般は友人が1公演押さえてくれたので、今日発券にいくつもりである。

本当に切り詰めた方が良さそうなので、以下決意。

  1. お弁当も忙しさにかまけて食堂のお弁当にしていたが、背に腹は変えられないのできちんと作ることにする。
  1. 服ももう今年は買わない。ヒールもブーツもスニーカーも買ったし、秋冬の服は大概揃ったので着回しでなんとかする。
  1. 読まない漫画や着ない服は高く買い取ってくれる所に売りに行く。錬金しないとまずい。
  1. クレジットカードを簡単にきらない。これが一番大切。

そして今日は、まつエク。
こんな切羽詰っているのに、なんで今日予約いれたんだ私。
まつエクの維持費は大体月1万程度だが、リペア3回分をセットでいつも先払いするので、今日込み込みで2万とぶ。現金しか使えないところだし。

取捨選択して必要なものとそうでないものをはっきりさせないといけない。
まつエクは絶対必要なので、とりあえず行ってくる。

お金って本当にないと不安になるね♡と思った・・・

貯金しよう。来年こそ。

大倉担です

関ジャニ∞ ジャニーズ
ここ最近、というかずっと千賀のことばっかり書いていることにうすうす気づいていた。

9月は数年振りに大倉に手を振ってもらった。
手を振ってもらってこれだけ幸せになったのは初めての経験である。

アリトロでちゃんと大倉のうちわにちょこちょこ手を振ってくなーと思っていたら、私の「忠義」うちわにも手を振ってくれた。
勘違いって思われてもいいけど、本当に久しぶりだったんだ、許してくれ。

去年の関ジャニズムの時は、バクステ最前でJr時代のうちわ(超絶ぶちゃいく。嫌がらせレベル。)をガン見されて終わったんだから、手を振ってもらってテンション上がってもええじゃないか。

大倉からもらったファンサなんて都道府県ツアーの時の指差し以来。つまり2007年から、、、

8年振りなんだよ!


オリンピック何回開催したことか!


8年振りに「うちわ見て手を振ってくれた」だけで、「うわあああああ、好きいいいいいいいいい」と泣きそうになる健気さ。

そんな私だから、担降りはしない。

大倉を見て「あー好きだなー愛おしいなー」と沸いたり、大倉が近くにきて「またケツかよー!私まじで大倉のケツ担!」と嘆いたり、細々と大倉担として生きているし、これからも変わらず大倉担だと思う。

とかいいつつ色んな現場行っているが、それとこれは別。大倉は別腹!

以上、大倉担としての日記終わり。

「千賀の顔」担

Kis-My-Ft2 ジャニーズ
だったみたい、私。

キスワ名古屋初日、ゆるすぎるスタンスでスタンドから千賀の登場を待っていた。

吊られてバクステから登場した千賀を見た瞬間、

顔が好きだ


と、心の底から思った。

永山絢斗に似てるけど、永山絢斗の顔は別に好きじゃない。
でも、千賀健永の顔はすごい好き。

笑ったときの綺麗な口元と、クシャッとした目元、目元にできる猫のひげみたいなシワが好き。

MCとか大喜利以外のあらゆる瞬間で、きちんと作られている顔が好き。

以前は許せたあらゆる事が腹立たしく思える時もあるけれど、でもあの顔が本当に好き。

あのキラキラした笑顔を見せられたら、なんでもいいやって思ってしまう位に顔が好き。

ゆるゆるスタンスで言い方は悪いけれど、なんの期待もせずに「ただひたすらまったり楽しむ」つもりで参戦したので、それこそ「こんなんじゃなかった」と思うことなく2日間楽しめた。
正直キスワのセトリや構成についてら色々思うところが多い。「とりすぎビュッフェ」「季節感なし」と感じる部分は多いし、ドームの使い方分かってないと思うし、アリーナAにサインボール投げ込みすぎだし、その他諸々わかってないなーと思うことが多すぎる。

でもそんなことは置いといて、とにかく

顔が好き


ダンスも歌も好きだと思う。でも

顔が好き


という事に気づかされて終わった、キスワ。

大阪東京名古屋と東名阪行けたので満足。

ゆるゆるスタンスで見ると色んなものが見えて、昔のコンサートの楽しみ方を思い出したような気がした。