読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さかむけ

アラサージャニヲタ、負け犬までのカウントダウン。

ジャニヲタは手帳に何を書くのか

まずは自担や自ユニやらの誕生日

であろう。そして、

  • 入所日
  • 結成日
  • デビュー日
を書き込む。そして、その日が来るたびに

生まれてきてくれてありがとう♡
ジャニーズ事務所に入ってくれてありがとう♡
結成おめでとう♡
デビューおめでとう♡

ジャニーズ続けてきてくれてありがとう。

ジャニヲタは日々様々なことに感謝して生きている。

あとは、、、何を書いていますか?

出演情報、発売情報、参戦スケジュールなんかを書いているのかな?



今年の初めにこんな記事を書いたのだが、もう少し使いやすくしてみようかと、現在改良中である。
色々な方のジャニヲタ手帳のエントリーを読ませて頂き、三者三様十人十色な使い方をされていると思う。そして、やはり「ジャニヲタ手帳」欲しいなーと感じるのだ。

もし「ジャニヲタ手帳」をつくるなら

私は「リフィル」タイプがジャニヲタには合っていると思う。
どんな人を、どんなグループ・ユニットを担当しているかによっても書きたいことは変わる。
CDやDVD・BD、テレビ・ラジオ、雑誌の感想を書いたりしたい時もある。
現場の数や現場の形態も様々なジャニヲタの思い出諸々を一括集約することを考えると、差し替え可能な「リフィル」タイプしかないのではないだろうか。
活動がコンサート・ライブ、舞台、番組収録、イベントなど多岐に渡る場合、それらを「LOFT ワナドゥ手帳」のように細かくジャンルが分かれているものに集約するのは難しい。

とにかく全部をまるごと一冊にまとめて、それ見ながら酒呑みたい。
7月から断酒して彼此4カ月アルコールを摂取していないが、色んな現場の思い出に浸りながら酒を呑んだら美味しそうだと思う。

ジャニヲタとはお金で思い出を買う生き物である

関ジャニ∞のリサイタルは、¥8,100 でエイトとの2時間程のお楽しみタイムを買ったことになる。
手元に形として残るのは「銀テ」と「チケットの半券」「グッズ」位で、あとは「思い出」としてしか残らない。この思い出を糧にまた日々生きていく。
ジャニヲタにとって「思い出」「記憶」は何より大切なもので、それを目に見える形で残すのって面白そうじゃないか。
Twitterやブログとして残すのも変わらないけれど、紙媒体って好きなんだよ何か。

というわけで、結局ジャニヲタは手帳に何を書きたいのだろう?

それぞれ何を残したいかは、おそらく人によってかなり違いがある。

どんな事を書いていますか?
どんな事を書きたいですか?

手帳を使う全てのジャニヲタに聞いてまわりたい。

#理想のジャニヲタ手帳 ってやつを知りたい。